アルギニンの効果で副作用あるの?

L-アルギニン5000プラス

 

アルギニンには、副作用はあるのでしょうか。

 

アルギニンを摂取するときに、食べ物からあるいはサプリメントから、です。特にサプリメントで摂取する場合には、注意が必要です。

 

サプリメントは、薬ではなく食べ物なので、副作用はありません。

 

これは、サプリメントとしてきちんと摂取している場合のみです。

アルギニンで成長ホルモンが増えるからいいと、一度にたくさん摂取してしまうと、胃が痛くなる胃腸障害などの副作用が出ることがあります。アルギニンは、強いアルカリ性であるためです、サプリメントで摂取する場合には、例えばクエン酸と一緒に摂取して中和させてあげることが必要です。

 

また、アルギニンが不足すると、免疫力が低下したり疲れが取れなくなったりしてしまいます。意識してせっけ欲的に摂取することも必要です。逆に、過剰に摂取すると、胃が痛くなったりお腹がゆるくなってしまったりします。

 

1日の適度な摂取量は、2,000〜4,000ミリグラムとされています。

ダイエット向けにより摂取が必要な人は、4,000〜5,000ミリグラムは摂取した方が良いでしょう。また、筋肉をつけることが重要なアスリートは、もっとアルギニンの摂取量が必要だと言われています。

 

 

アルギニン 効果についての関連記事