アルギニンの効果@子供には?

L-アルギニン5000プラス

 

アルギニンの大きな効果といえば、成長ホルモンの分泌を促進してくれることです。

 

成長ホルモンは、骨をのばす、筋肉を強くするなどの働きがあります。

成長ホルモンの働きについてみていきましょう。
成長ホルモンの働きは、主に2つのものがあります。

 

ひとつは、組織の成長を促すということです。

 

これは、骨に働きかけて骨を伸ばすということです。骨を伸ばす、つまりは身長を伸ばすというものです。成長期に成長ホルモンが多く出ると、しっかり身長が伸びてきます。

 

骨の中の骨端線という部分に成長ホルモンが働きかけると、成分が分解され、カルシウムが着いて伸びていくのです。

 

また、筋肉を強くするというのも、組織の成長を促すことでなされるものです。
成長ホルモンの働きかけでたんぱく質が作られて、筋肉となっていくのです。

 

もうひとつの成長ホルモンの働きは、新陳代謝をよくするというものです。

 

新しく細胞を作りだして、体の中の老廃物を輩出していくことです。これで、脂肪の燃焼をうながしています。それから、細胞のつながりをより強くしていきます。

 

新陳代謝がよくなることで、身体は抵抗力や免疫力がアップして、病気になりにくい身体になっていくのです。

 

成長ホルモンの働きは、組織の成長を促して、骨を伸ばし身長を伸ばし、筋肉をつけてくれます。そして、新陳代謝をアップさせて、免疫力がアップしていく身体つくりをします。

 

子供がしっかり成長していく上で必要なのは?

アルギニンの効果@子供には?

子供がしっかり成長していく上で必要なものは、成長ホルモンです。

 

成長ホルモンとは、身長を伸ばしてくれます。骨を伸ばしてくれるという働きからです。

 

また、男性は男性らしく筋肉のつく身体つくりをします。女性は女性らしくバストアップの体にしてくれます。

 

よく、寝る子は育つ、といいますが、それは嘘ではありません。

 

なせなら、成長ホルモンは夜の寝ている間に多く分泌されるからです。成長ホルモンをしっかり充分に分泌させるには、8時間程度の睡眠時間が必要です。

 

10代の成長期には、成長ホルモンがより多く分泌します。きちんと分泌させてあげるためには、良質の睡眠が必要なのです。

 

成長期が終わると、成長ホルモンはだんだんと減少していきます。

 

20代になって身長が10センチ伸びた、という人がいあにのはそのためです。20代以降で伸びたといっても、せいぜい3センチくらいではないでしょうか。

 

成長ホルモンが少なくなってくると、疲れやすくなる、気力がなくなる、集中力が低下する、といった症状が出てきます。

 

10代の子どもがしっかり成長していく上で必要なものは、成長ホルモンです。成長ホルモンをしっかり分泌させるには、良質の8時間程度の睡眠が必要なのです。

 

 

アルギニン 効果についての関連記事