アルギニンの効果は肝臓にいいですか?

L-アルギニン5000プラス

アルギニンの効果は、肝臓にも良い効果をもたらします。

 

 

特に、アルコールの過度の摂取により弱ってしまった肝臓は、アルギニンで改善されるといわれています。

 

 

アルギニンは、一酸化窒素を生成します。

これが、肝臓を保護してくれます。保護された肝臓は、次第に本来の働きを取り戻してくるという訳です。また、アルギニンには、アンモニアを分解して尿酸にしてくれるという働きがあります。身体の中に溜まってしまっていた毒素をしっかり排出してくれることができるのです。

 

アルコールが好きで、たくさん摂取してしまうという人には、アルギニンの効果はうれしいものですね。

 

アルコールで肝臓の機能が弱ってしまっているならば、アルコールを控えることです。

毎日休みなく飲んでいる人は、週に1回からでも休肝日を作りましょう。同時に、アルギニンを積極的に摂取して、肝臓をしっかり守ってもらって、身体の中のアンモニアという毒素をだしてしまいましょう。

 

アルギニンの効果は肝臓にはよいです。アルギニンが一酸化窒素を作ってくれることで、肝臓が守られます。弱るくらい酷使してきた肝臓ですから、しっかり守りつつケアしてあげましょう。肝臓のケアは、まずはアルコール摂取を控えることからです。

 

 

アルギニン 効果についての関連記事